人気ブログランキング |

HILIGHT MOTORCYCLE WORKS

hilightmcw.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 15日

TINCUP


a0186803_20241282.jpg
ナックルヘッドのバルブカバーは一枚の鉄板からプレス成型されています
厚みは1mmほどです 塗装を剥がすと細かいクラックがある場合があります
事前に修理しておかないと、あとからの修理はできません
a0186803_20243450.jpg
バルブカバーが無い状態で、ダミーガイドを使ってバルブ周りの計測をします
ナックルのバルブは純正で吸気側と排気側でステムの長さが違いますが、リプロメーカーのバルブも
ステムの長さに違いをだしています メーカーごとに長さは違いがあるので、バルブを変更する場合は
バルブのつき出し量やバルブスプリングのセット長まで変わってしまうので、事前に計測して
シートリングの入れ替えなのか、カットで済ませるのか判断します
a0186803_20245482.jpg
カバーをバルブガイドと一緒に圧入します この状態になるとバルブ周りの正確な計測は
難しいです
1930年代に一枚の鉄板をここまでプレス成型できていたことが、一番興味深いです






by hilightmcw | 2019-02-15 21:06 | others


<< M-74      HYDRAGLIDE >>