HILIGHT MOTORCYCLE WORKS

hilightmcw.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 12日

CRANKCASE RACE & BUSHING REPEAIR

a0186803_20095659.jpg
クリアランスの許容範囲を超えてしまったブッシングを外して製作しなおした物を
圧入します
a0186803_20101811.jpg
カムカバー側も同様に入れ替えます
a0186803_20110525.jpg
左右のケースレースをラッピングして適正なクリアランスに戻します
a0186803_20113928.jpg
治具用に加工したカムカバーを使用してケース側のブッシングをラインリーマーで仕上げます
a0186803_20120317.jpg
ブッシングを入れ替えておいたカムカバーを組んでラインリーマーで仕上げます
a0186803_20125178.jpg
カムは新品を使用しますがギアのラッシュが合わないので入れ替えます
a0186803_20130892.jpg
ブリーザーギアはオイルの供給量を増やした場合、ヘッドへのオーバーオイル対策として
重要なパーツです ナックルのヘッドからのオイルリターンはこのパーツでまかなっています
バキュームタイミングをより長く設定したものを使用します
a0186803_20133567.jpg
ブリーザーギアは円筒状の構造なので製造過程の熱処理でスリーブ部分とギア部分での
歪みがでやすいのだと思います アタリががきつい部分はダイヤモンドやすりでほんのわずかですが
慎重に修整します
a0186803_20135368.jpg
ギア類を組み込んで仮組して抵抗がないか確認します
a0186803_20141078.jpg
各ギアのスラスト調整を済ませておきます
a0186803_20150300.jpg
写真はUL用のピニオンシャフトですが、ナックルも同様に新品のシャフトを使用する場合は
事前にスプライン部分を修整しておかなければ、ピニオンギア、オイルポンプドライブギアは
シャフトに入りません 





by hilightmcw | 2018-12-12 20:57 | others


<< 65FL ELECTRA GLIDE      64FL BOTTOMEND >>