人気ブログランキング |

HILIGHT MOTORCYCLE WORKS

hilightmcw.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 26日

KNUCKLEHEAD CYLINDER

a0186803_21110160.jpg
しばらく動かしていなかった車両から外したキャブレターから大量の水が出てきました
いやな予感しかしません・・・
a0186803_21113269.jpg
マニホールド内も錆が出てます
ますますいやな予感しかしません
a0186803_21120589.jpg
a0186803_21122006.jpg
a0186803_21124197.jpg
フロントシリンダーの内壁が錆びてます
リアシリンダーはとても状態が良かったので残念です
a0186803_21130576.jpg
2サイズオーバーでぎりぎり食い込んだ錆が除去できました
a0186803_21285469.jpg
ヘッドもバルブに錆が出ている物は交換しました
a0186803_21132450.jpg
腰上のオーバーホール的な作業になってしまいましたが、保管時に水が入るような事がなければ
全くばらす必要はなかったですね 





# by hilightmcw | 2019-02-26 21:40 | others
2019年 02月 19日

M-74

a0186803_20204722.jpg
a0186803_20211651.jpg
a0186803_20214545.jpg
a0186803_20220758.jpg
a0186803_20230476.jpg
a0186803_20224229.jpg
メッキボディーのリンカートはカッコいいですね


# by hilightmcw | 2019-02-19 20:34 | others
2019年 02月 15日

TINCUP


a0186803_20241282.jpg
ナックルヘッドのバルブカバーは一枚の鉄板からプレス成型されています
厚みは1mmほどです 塗装を剥がすと細かいクラックがある場合があります
事前に修理しておかないと、あとからの修理はできません
a0186803_20243450.jpg
バルブカバーが無い状態で、ダミーガイドを使ってバルブ周りの計測をします
ナックルのバルブは純正で吸気側と排気側でステムの長さが違いますが、リプロメーカーのバルブも
ステムの長さに違いをだしています メーカーごとに長さは違いがあるので、バルブを変更する場合は
バルブのつき出し量やバルブスプリングのセット長まで変わってしまうので、事前に計測して
シートリングの入れ替えなのか、カットで済ませるのか判断します
a0186803_20245482.jpg
カバーをバルブガイドと一緒に圧入します この状態になるとバルブ周りの正確な計測は
難しいです
1930年代に一枚の鉄板をここまでプレス成型できていたことが、一番興味深いです






# by hilightmcw | 2019-02-15 21:06 | others
2019年 02月 09日

HYDRAGLIDE

a0186803_20470121.jpg
悪そうな雰囲気ですが、乗り手はさわやかイケメンサーファーです



# by hilightmcw | 2019-02-09 20:55 | BIKES
2018年 12月 29日

UL MODEL BOTTOMEND

a0186803_18494716.jpg
30年代のケースレースはラッピング出来ないのでケース側を加工して40年以降のレースに
入れ替えます
a0186803_18502392.jpg
左右のケースレースをラッピングします
a0186803_20114255.jpg
クリアランスが大きいブッシングをはずします
a0186803_20115841.jpg
a0186803_20121331.jpg
a0186803_20122525.jpg
製作した物を圧入してラインリーマーで仕上げます
a0186803_20124344.jpg
a0186803_20125616.jpg
a0186803_20130936.jpg
ギアケースを組んで確認します
a0186803_18521644.jpg
a0186803_18522755.jpg
ビッグエンド側のラッピングとスモールエンド側のブッシングを入れ替えて仕上げておきます
同じ作業なので2台分一緒に済みました





# by hilightmcw | 2018-12-29 19:15 | others
2018年 12月 19日

CONNECTING ROD

a0186803_22160942.jpg
右から2番目のものはUL用でナックル、パン、シャベルのものより長いです
右端のものはキャリロのチューニングエンジン用ロングコンロッドです
チューニングエンジンに長いコンロッドを使用する理由は連カン比を上げるためです
a0186803_22164171.jpg
連カン比を上げることでピストンの進行方向にかかる側圧を減らすのが目的です
1930年代からこの発想で設計されていたのかはわかりませんが、オイルポンプの
吐出量が多くはないULモデルではピストンスカートへのダメージの軽減や油膜の
保持に役立っていると思います



# by hilightmcw | 2018-12-19 22:46 | others
2018年 12月 14日

65FL ELECTRA GLIDE

a0186803_20135306.jpg
a0186803_20141227.jpg
パンヘッドの最終モデル
この年式からセルモーターを装備して5ガロンタンクを採用し、より航続距離を伸ばした仕様に
なりました 60年代のアメリカの道路状況がより整備されていったことがうかがえます
 


# by hilightmcw | 2018-12-14 20:39 | BIKES