HILIGHT MOTORCYCLE WORKS

hilightmcw.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 06日

LINKERT REPAIR

a0186803_2023403.jpg
a0186803_2024659.jpg

キャブレターボディー内径とマウント面を最小限で修整します
a0186803_20263686.jpg

これは13°の角度をつけた治具にオーバーサイズのディスクを固定した状態です
このままキャブレターの内径にあわせて削っていくと純正品と同じ角度と楕円径の
ディスクが出来上がります
a0186803_20343172.jpg

ハーレーでは8° 9° 12° 13° が一般的ですが、場合によっては8.5° 11° 12.5°など
特殊な角度が必要な時もあります
ほとんどはボディーとディスクのクリアランスのつけ方で解消できます
[PR]

# by hilightmcw | 2016-02-06 20:45 | others
2016年 01月 20日

SIDEVALVE LIFTER BLOCK

a0186803_2175216.jpg

サイドバルブ系とスポーツのリフターブロックは治具にマウントしてトルクをかけた状態で
オーバーサイズ加工します
a0186803_21124643.jpg

芯を出した状態で中ぐりしてアライメントを整えます
a0186803_2114449.jpg

最終的なクリアランスはスパイラルリーマーで仕上げます
リフター内径にはオイル溝やローラーの逃がしがあるので直リーマーは不可です
a0186803_21192096.jpg

ホーニングでクロスハッチをつけて仕上がります
[PR]

# by hilightmcw | 2016-01-20 21:23 | others
2016年 01月 19日

CAM & PINION BUSHING

a0186803_2242931.jpg

材料からブッシュを製作していきます
使用する場所によって形状が違います
a0186803_22452681.jpg
a0186803_22455650.jpg

エンドミルでフランジのオイルだまりをつくります
a0186803_22485025.jpg

長穴のオイルラインもエンドミルでつくります
a0186803_22502217.jpg

a0186803_22505525.jpg

カムカバーに圧入して回り止めのピンを打ちます
a0186803_2252236.jpg

ケース側も圧入してこのあとピンを打ちます
このあとにラインリーマーで入れ替えたブッシュを仕上げます
[PR]

# by hilightmcw | 2016-01-19 22:56 | others
2016年 01月 12日

30's 40's

a0186803_19243554.jpg

30年代のコンロッドは特徴があります
ビッグエンドのレースとスモールエンドのブッシングを修理します
a0186803_19271413.jpg

ピニオンシャフトは純正の物以外を使用する場合はかなり修整が必要です
UL系は特に大変です
a0186803_19363354.jpg

えぐれた部分の修理
a0186803_19372447.jpg

ケースレースを入れ替えます
a0186803_19381685.jpg
a0186803_19384968.jpg

この部分は加工して40年代の仕様に変更しないと修理できません
a0186803_19413577.jpg

修理を進めるための下準備には結構時間がかかります
[PR]

# by hilightmcw | 2016-01-12 19:46 | others
2015年 12月 19日

SHOVEL & SIDE VALVE BOTTOMEND

a0186803_2019430.jpg

高校の数少ない後輩のバイク
a0186803_20205578.jpg

以前、排気効率のいいマフラーを排気ガスの気持ちになって作れという先輩後輩という
立場を全く無視したオーダーに頭をかかえました

a0186803_20265456.jpg

45も腰下まで完成しました
a0186803_20281071.jpg
a0186803_20282826.jpg

なんとか年内には完成しそうです
[PR]

# by hilightmcw | 2015-12-19 20:32 | BIKES
2015年 12月 16日

SELF SERVICE その2

a0186803_19562248.jpg

朝からオーナーにエンジンばらしたり組んだりやってもらいっぱなしですが、工賃はしっかり3割増しで
頂きます   ウソです
a0186803_2005897.jpg
a0186803_2011922.jpg
a0186803_2013870.jpg

操作性重視のバイクは永く付き合っていけると思います
[PR]

# by hilightmcw | 2015-12-16 20:06 | BIKES
2015年 12月 14日

CONNECTING ROD RACE

a0186803_19543472.jpg

WLのビッグエンドレースは交換の際、外径が大きすぎる事が多いので圧入する前に修整します
直接チャッキングできないので治具を使用します
a0186803_201950.jpg

交換後、レース内径は小さくなります
a0186803_203064.jpg

ラップヘッドは加工したものと標準のものと2種類使用しないと仕上げられません
通常のラッピングの5,6台分くらい削ります
a0186803_2085082.jpg

STDサイズですが結構時間がかかります
[PR]

# by hilightmcw | 2015-12-14 20:11 | others