HILIGHT MOTORCYCLE WORKS

hilightmcw.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:PARTS( 36 )


2016年 06月 10日

LINKERT throttle shaft

a0186803_21381640.jpg

リンカート用のスロットルシャフトの試作品を製作して頂きました

a0186803_21411532.jpg

お手数おかけしましたが前回の試作品にもう少し手を加えて頂きました

a0186803_21463268.jpg

純正のシャフトが摩耗している場合、リプロ品を使わざるえない状況が多々ありますが
精度が均一ではないのとディスクが入るスロットの幅が0.1mmから0.2mm広いものがほとんどです
そのためリプロ品に純正のディスクを使用して締め付けるとシャフトの両端が大きく振れてしまいます
ディスクを製作する前提でなければほぼ使用できません

a0186803_226597.jpg

試作品を使ってオーバーホールしてみました
純正のディスクと同じ厚さのディスクを製作していますがとてもしっくりきます
純正のシャフト以上のクオリティーだと思います
今回も岸田精密工業の榮さんと大神戸共栄圏河田さんに協力していただき
もやもやが解消できる製品になったと思います ありがとうございました
[PR]

by hilightmcw | 2016-06-10 22:19 | PARTS
2016年 06月 03日

RISER BUSHING

a0186803_2114938.jpg

OWL CRAFT製ハイドラ用ライザーブッシュ 
前回のものにさらに改良をくわえて製作されています
a0186803_2164040.jpg

ライザーの中でどの様に固定されるのか正確に純正のライザーから採寸して
透明なライザーまで製作して確認されています
a0186803_21125099.jpg

前回のブッシュはハイドラオーナーの方にモニターとしてパーツを供給させていただき
実走行を重ね現在まで高い評価を得ています
改良版はさらに良いと思いますがまたテストしていきたいと思います
[PR]

by hilightmcw | 2016-06-03 21:27 | PARTS
2015年 11月 18日

OILPUMP 45 & SIDEVALVE B/T

a0186803_21431326.jpg

トロコイドタイプのフィードポンプ
油圧はかなり上がりそうです
a0186803_21452269.jpg

リターン側はギアの厚みを増して強化してます
車体の下側へ少し出るのでエキパイへの干渉がやや心配です
a0186803_2150250.jpg

右は純正のベーンタイプのフィードポンプです


私事ですが先週から携帯電話が壊れていますのでお店の電話しかつながりません
[PR]

by hilightmcw | 2015-11-18 22:03 | PARTS
2015年 10月 28日

RISER BUSHING

a0186803_2118263.jpg

OWL CRAFT製ライザーブッシュを使用します

a0186803_21195992.jpg

ものすごいフィット感に感動

a0186803_21214650.jpg

オフセットライザー用もOWL CRAFT製ブッシュを使用
こちらも感動
[PR]

by hilightmcw | 2015-10-28 21:26 | PARTS
2015年 09月 25日

SISSY BAR

a0186803_20172932.jpg

山田

a0186803_2018646.jpg

山口

a0186803_2018364.jpg

山内

a0186803_20191768.jpg

山口で落ち着きました
[PR]

by hilightmcw | 2015-09-25 20:20 | PARTS
2015年 09月 10日

CONNECTING ROD

a0186803_20213335.jpg
a0186803_20214677.jpg

コネクティングロッドの形状
a0186803_20235518.jpg

クランクピンの外径
a0186803_2026215.jpg

テーパー部分のアタリを確認
a0186803_20282430.jpg

クランクをアッセンブリー(純正に忠実に組めばコネクティングロッドは前後逆です)
a0186803_20293113.jpg

a0186803_2030396.jpg

オイルの循環を確認
30年代のエンジンはいろいろとパーツの数値が違います
[PR]

by hilightmcw | 2015-09-10 20:40 | PARTS
2015年 09月 05日

DISC ANGLE . DIAMETER

a0186803_20154454.jpg

以前、ひとつのキャブレターのディスクを製作するのにこれだけの材料と時間を
浪費しました。なかなかよいバランスが見つからず、何日も無駄にしましたが
宗一郎さんの「やってみもせんで何がわかる!」で救われました
[PR]

by hilightmcw | 2015-09-05 20:31 | PARTS
2015年 01月 15日

FLAT SHOE

a0186803_2335675.jpg

フラットシュータペットはWRに採用されていたレーシングパーツ

a0186803_2339429.jpg

a0186803_23403015.jpg

リプロカムが手に入らないU系のエンジンではカムプロフィールを変更したような
効果が得られます
[PR]

by hilightmcw | 2015-01-15 23:50 | PARTS
2014年 11月 12日

KNUCKLECAST GUIDE 

a0186803_21323348.jpg

ダクタイル系鋳鉄からバルブガイドを製作します
下穴が非常に大事

a0186803_21351177.jpg

切り落としてつかみ直します

a0186803_21393966.jpg

テーパーに加工します

a0186803_2140526.jpg

内径を仕上げます(内壁がむしれないように仕上げます)

a0186803_21415636.jpg

ヘッドに圧入したら、最終的な内径を仕上げます





  
[PR]

by hilightmcw | 2014-11-12 21:49 | PARTS
2014年 08月 31日

LINKERT

a0186803_192638.jpg

キャブレターボディーを必要最小限でボーリング

a0186803_1105976.jpg

オーバーサイズのスロットルディスクを製作する準備をします

a0186803_1124385.jpg

フロートバルブキットを使用します 抜群の安定感です

a0186803_1161269.jpg

組み付け 調整
[PR]

by hilightmcw | 2014-08-31 01:18 | PARTS