HILIGHT MOTORCYCLE WORKS

hilightmcw.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 06日

LINKERT REPAIR

a0186803_2023403.jpg
a0186803_2024659.jpg

キャブレターボディー内径とマウント面を最小限で修整します
a0186803_20263686.jpg

これは13°の角度をつけた治具にオーバーサイズのディスクを固定した状態です
このままキャブレターの内径にあわせて削っていくと純正品と同じ角度と楕円径の
ディスクが出来上がります
a0186803_20343172.jpg

ハーレーでは8° 9° 12° 13° が一般的ですが、場合によっては8.5° 11° 12.5°など
特殊な角度が必要な時もあります
ほとんどはボディーとディスクのクリアランスのつけ方で解消できます
[PR]

by hilightmcw | 2016-02-06 20:45 | others


<< CASERACE LAPPING      SIDEVALVE LIF... >>